降光ロックグラス 本物保証!

角度の違う直線が複雑に入り組みながらもデザインの調和を取ることが出来た傑作です。

ロックグラスの第四弾のデザインとして製作に取り掛かりました。



初期構想では縦線を上からと下から交互に入れる安価なデザインのカットを考えておりました。

しかし、下のメモのように線を徐々に広げていくデザインというのを閃いて、それがベースになっています。

この時のイメージは雲間から光が差し込んで広がっていく感じを表現したいと思いました。

ベースは上の線が広がっているデザインなので、製品名は「降光(こうこう)ロックグラス」と名付けました。




全体を32等分にし、隣の線に行くごとに傾きを減らして、
·X=0
·Y=4X
·Y=3X
·Y=2X
·Y=X
·Y=1/2X
と試作で削ってみました。


結果は下の写真のようになり、白丸で囲んだ下部のところがごちゃごちゃになってしまいました。
それもそのはず、各線の角度が微妙に違うので、同じ交点を通りづらく、各々の線がごちゃごちゃに各線の上を通過するという状態でした。


これではデザインとして破綻しています。

各線をだんだんと角度をつけるという発想は面白いので、デザインを放棄せずにどうにか綺麗に見せられないかをよく考えました。



上の写真の試作品をずっと眺めていると、
「割ときれいに他の線と交差する線」と
「他の線に綺麗に交差しない線」が存在することがわかりました。


そこで、割ときれいに他の線と交差している線を先行して削り、他の線に綺麗に交差しない線を調整して綺麗に見せるようにしようと思いました。


割ときれいに他の線と交差する線がどれなのかきっちり洗い出して、さらに全ての線のカットの順番も考慮しないときれいにカット出来ません。


この時点で頭の中がパンクして「このデザイン無理だぁ〜!」と言って思わず地面に大の字で寝転んでノックアウトされました。


やっぱりこのデザインを諦めようかと思いましたが、紙に色々書き出して、自分なりに頭の中を整理しました。

その時のメモです。



それで、このメモに従って頭を整理しながらカットしたのがこの製品です。

試作のごちゃごちゃだった線がどれもピタッとうまく収まって、きれいにまとまってとても良いデザインとなりました。



底は16等分されておりますが、12本の線はそのまま側面のカットに連結しています。

底の線と側面の線が連結すると、上から覗いた時にデザインの一体感が感じられ、底と側面のデザインを分離して考えた切子より圧倒的な美しさを感じます。



カットによってかなりの採光がされております。



美しい良いデザインの切子は
·見た瞬間どういう構造で成り立っているか理解できないもの
·全体が一体となって構成されているもの
の要件があると私は考えております。


実は降光ロックグラスはそれを満たしているデザインで傑作と言えるでしょう。



当工房の切子はユニークでバラエティに富んだ面白いデザインを多数掲載しておりますが、その中でもトップクラスの出来でしょう。

製作者である私自身も良いデザインが出来たことにかなり興奮してエキサイティングしています。





自分用、贈り物、お店のブランドイメージアップなどにご検討頂ください。
旭陽電機株式会社 電設資材の総合商社 仕事に快適 暮らしに安心

当社からのお知らせ

商品情報

page
Olpchee 3ピース メンズ クライミングウォールスカルプチャーセット 樹脂製 壁アート像 ホーム/リビングルーム/寝室/アウトドア装飾用 シルバ,